大相撲初場所は14日、東京・両国国技館で7日目の取組があり、無敗の横綱白鵬と大関稀勢の里がともに7連勝。白鵬は玉鷲を突き落とし、稀勢の里は栃煌山を寄り切った。横綱鶴竜は4勝目。大関陣はカド番の琴奨菊が4連敗で5敗目。照ノ富士が3勝目を挙げ、豪栄道は2敗を守った。

     ◇

 中入り後の勝敗は次の通り(左側が勝った力士)

豊 響 つきおとし 大砂嵐

千代鳳 よりきり  臥牙丸

佐田海 おしだし  大翔丸

 輝  おしだし  千代大

蒼国来 よりきり  千代皇

貴ノ岩 よりきり  逸ノ城

貴景勝 おしだし  石 浦

錦 木 よりきり  魁 聖

千代国 つきおとし 北勝富

千代翔 はたきこみ 琴勇輝

碧 山 おしたおし 嘉 風

遠 藤 よりきり  妙義龍

豪 風 おくりだし 松鳳山

宝富士 おしだし  荒 鷲

豪栄道 おしだし  正 代

稀勢里 よりきり  栃煌山

高 安 はたきこみ 琴奨菊

照富士 おしだし  御嶽海

白 鵬 つきおとし 玉 鷲

 勢  不戦勝   日馬富

鶴 竜うわてだしなげ隠岐海