名だたる欧州の名門オーケストラが、新ホール建設でこぞって頼りにする日本の巨匠がいる。米ロサンゼルス在住の音響設計家、豊田泰久さん(64)。これまで担当してきたホールの音響のすばらしさに指揮者や演奏家らが魅せられ、コンペや指名を通じて依頼するケースが相次いでいる。

 ドイツ北部の港湾都市ハンブルクに11日にオープンしたホール「エルプフィルハーモニー」もその一つ。ブルックナー演奏で知られる巨匠ギュンター・バントが率いた名門・北ドイツ放送エルプフィルハーモニー交響楽団(北ドイツ放送交響楽団から改称)の本拠地だ。同日の開幕演奏会にはガウク大統領、メルケル首相が出席し、ハンブルク出身のメンデルスゾーン、ブラームスの作品やベートーベンの「第九」などで完成を祝った。

 ユネスコの世界遺産に登録されている運河沿いの倉庫群にある赤れんが倉庫の上にガラス張りの構造物を乗せた建物は26階建て(高さ111メートル)。北京五輪の主会場「鳥の巣」や東京のプラダ青山店などで知られる建築家ユニット、ヘルツォーク&ド・ムーロンが設計した。12階(同51メートル)から23階を占める大ホールは、地上からの高さと建設費7億8900万ユーロ(約962億円)が、いずれも「ホールとして史上最高」(広報担当)と話題になっている。

 2100人が入る大ホールは、客席がステージを360度囲むワインヤード型だ。同型を初めて取り入れたことで知られるベルリンの「フィルハーモニー」やサントリーホール(1986年)に比べ、ステージ正面の客席の奥行きをさらに抑えた。