米ハリウッドの人気俳優たちが、「私は生き抜く」と歌う動画がネットに掲載され、トランプ次期米大統領に対する抵抗のメッセージだと話題になっている。

 ビデオは、米国のファッション誌「W」が製作。ナタリー・ポートマンさんやエマ・ストーンさん、マシュー・マコノヒーさんら約20人が登場し、歌ったり歌詞を朗読したりする。11日に同誌のサイトに掲載された後、2日間で、約136万回再生された。

 歌は、70年代に流行したグロリア・ゲイナーの「恋のサバイバル」。あなたなしでは生きられないと不安だったけれど、私は強くなった、私は生き抜く、といった歌詞だ。これまでも、女性や同性愛者らの権利を訴える歌として歌われてきた。

 サイトには「大統領の就任を目前に控え、我々は今まで以上にこの歌を必要とする」「トランプ政権下で生き抜いていく」など、趣旨が記されている。

 ハリウッドとトランプ氏を巡っては、メリル・ストリープさんが8日、ゴールデングローブ賞の授賞式で移民排斥などのトランプ氏の姿勢を批判。これに対してトランプ氏はツイッターで「ヒラリーの取り巻き」などと猛反発した。(ロサンゼルス=平山亜理)