4季ぶりにサッカーJ1リーグで共演する静岡県勢2チームが13日午後、新体制を発表した。2季ぶりに復帰したJ1で飛躍を誓う清水エスパルスと、昨季の年間13位から上位進出を目指すジュビロ磐田の監督や新加入選手らが出席し、新シーズンへの意気込みを示した。
 磐田の補強の目玉はJ1横浜F・マリノスから移籍した元日本代表MF中村俊輔選手。卓越した技術と豊富な経験を持つ司令塔への期待は大きい。前線に元日本代表FW川又堅碁選手、中盤では元ウズベキスタン代表MFムサエフ選手らを獲得し、各ポジションに即戦力をそろえた。中村俊選手は「期待は十分分かっている。勝ち点を一つでも多く積み上げられるように頑張りたい」と誓った。
 新加入は次の通り。かっこ内は前所属。
 ▽GK 三浦龍輝(J3長野)
 ▽DF 高橋祥平(J1神戸)
 ▽MF ムサエフ(ウズベキスタン、ナサフ・カルシ)中村俊輔(J1横浜M)松本昌也(J2大分)藤川虎太朗(東福岡高)針谷岳晃(昌平高)
 ▽FW 川又堅碁(J2名古屋)