ロッテの新人9選手は14日、ロッテ浦和球場で行われた新人合同自主トレの後、約30分間にわたりサイン会を行いファンと触れ合った。

 この時期、ロッテ浦和球場で恒例となっている新人選手によるサイン会。この日は小雪が舞うなどかなり冷えんだ中、新人選手9人は、ファンが差し出したサインボール、色紙、ユニフォームなどに、笑顔を見せながらサインを書いた。

 ドラフト1位ルーキーの佐々木千隼(桜美林大)はサイン会終了後、囲み取材に応じ「たくさんの方が来てくれてよかったです」とファンに感謝し、「期待してもらっている分、頑張らないといけない」と誓った。