ロッテのドラフト3位ルーキー・島孝明(東海大市原望洋高)が、ロッテ浦和球場で行われた新人合同自主トレに参加し、「いつも通りきつかったが、楽しくやれた」と充実した表情を見せた。

 10時から練習がスタートしこの日は、ランニング、キャッチボール、ノックなど食事休憩をはさみ、約4時間汗を流した。

 キャッチボールでは「その日の調子を確認する意味もあるので、(キャッチボールから)しっかり強いボールを放るということを意識している」と時折、スピードボールを入れながら投げ込んだ。

 また、フットワークやダッシュのメニューなど自分の順番が来るまで、「体の使い方の確認であったり、少しでも気付いた時にやっている」と待ち時間を無駄にすることなく、高い意識を持ってトレーニングを積んでいる。