○ マーリンズ 1 − 0 ナショナルズ ●
<現地時間9月20日 マーリンズ・パーク>

 マーリンズがエース・フェルナンデスの好投、主砲・スタントンの決勝ソロで完封勝ち。イチローは7回の守備から途中出場したが、打席に立つことはなかった。

 マーリンズは0−0の6回、5番スタントンが27号ソロを右翼席へ運び、二死走者なしから先制点を奪った。投げては先発のフェルナンデスが、8回を3安打12奪三振無失点の快投。9回はフェルプスが締め、フェルナンデスは16勝目(8敗)、フェルプスは4セーブ目(7勝6敗)を手にした。

 イチローは先制弾を放ったスタントンに代わり7回表から右翼の守備に就いたが、打席に立つ機会はなく打率は.294のままとなった。

 マーリンズは完封勝ちでこのカード2連勝。18日のフィリーズ戦から3連勝とし、貯金を再び「1」とした。