DeNAは21日、今季限りでの現役引退を表明した三浦大輔のこれまでの活躍、功績に敬意を表し、横浜スタジアムで行われる本拠地最終戦となる24日の巨人戦で、登録選手全員で「18」を着用して試合に臨むと発表した。

 三浦は背番号「18」を38年ぶりに日本一を達成した98年シーズンから19年間にわたり背負い続け、ファンからも愛されてきた。今回、選手全員で横浜ナンバーとなった背番号「18」を選手全員が着用することで、“ハマの番長”三浦の功績を称えるという。なお、単独の背番号で選手が試合に臨むのは、当球団初となる。

【横浜ナンバー】
三浦の現役引退と共に、空番号となる背番号「18」をプレー、そして振る舞いともにチームを牽引する象徴となるべき存在が付ける番号と位置づけ、“横浜ナンバー”と名付けられた。今後は、三浦の後継者となるべき存在が出るまで欠番とし、「18」を背負うに相応しい選手が現れた再、球団、三浦両者で協議の上、継承する。

【選手全員による背番号「18」着用 実施概要】
日時:9月24日(土)巨人戦
※本拠地最終戦にて実施するため、順延の場合は日程変更
場所:横浜スタジアム
着用選手:本拠地最終戦に登録されるDeNA全選手
※監督、コーチは着用せず