23日、来年3月に開催される「2017 WORLD BASEBALL CLASSIC」で侍ジャパンが着用する新しいデザインのユニフォームが発表された。

samurai160923_2

 侍ジャパンを率いる小久保裕紀監督の要望によって従来のユニフォームにワンポイントが加えられた新ユニフォームは、袖に過去2回の優勝を象徴するゴールドの輪が施されており、袖の裏にはプロ・アマ問わず全世代の野球日本代表の結束を表す赤い輪が刻まれている。

samurai160923_4

 発表記者会見に出席した小久保監督は「全世代で同じユニフォームを着ることも素晴らしいが、その上に選ばれし者しか着れないユニフォーム、トップチームが全世代の代表として使命感を持って戦うという意味で1つ要望を出せていただいた。ワンポイントですけど、従来のユニフォームにマッチしていると思うし、各世代の選手たちが従来のユニフォームを着ながらゆくゆくプロに入って最終的にはトップのユニフォームを着ることが1つの大きな目標になればと思う」と、変更を加えた理由を説明した。

samurai160923_1

 さらに、11月の強化試合に向けては、「メキシコとオランダが良いメンバー編成で臨んでくると聞いているので、我々日本も来年のWBCを見越した選手を集める」との構想を語り、「東京ドームは予選でも使うところなので、マウンドの固さはメジャー仕様、ボールもWBC仕様ということで要望は出しています。ピッチャー、野手ともに本番を想定した中で試合ができる、良い強化試合になる」と本番モードで試合に臨む考えをあらためて示した。

 最終的な編成は10月の中頃には明らかになる予定で、注目の選手に関しては「広島の優勝に貢献した若手野手の3人も良い働きをしていたし、先発左腕という点では今日、東京ドームでの巨人とDeNAの試合に先発する両左腕にも注目しています」とコメント。巨人先発の田口麗斗と、DeNA先発の石田健大にも注目していることを明かした。

 また、本日より2017ワールドベースボールクラシックのオフィシャルサイトが開設され、今回発表されたユニフォームの受注販売など、2017WBC関連グッズも販売されている。