● マーリンズ 2 − 3 ブレーブス ○
<現地時間9月23日 マーリンズ・パーク>

 マーリンズのイチローが23日(日本時間24日)、本拠地でのブレーブス戦に途中出場し、20打席ぶりの安打となる左前打を放った。しかし、チームは3連敗で借金「2」。ワイルドカードでのプレーオフ(PO)進出は絶望的となった。

 イチローは2戦連続でベンチスタート。2−2の7回から右翼の守備に就き、初打席となった8回に先頭打者として鮮やかな左前打を放った。次打者の送りバントで二塁へ進んだが、後続が倒れ勝ち越しのホームインならず。この試合のイチローは1打数1安打で、打率は.291となった。

 マーリンズは同点で迎えた9回表、5番手のラモスが失点し痛恨の逆転負け。プレーオフ進出が絶望的となる本拠地3連敗を喫した。