○ 日本ハム 4 − 1 楽天 ●
<24回戦・札幌ドーム>

 日本ハム打線が楽天先発・則本を攻略。投げては先発の増井が6回無失点の力投を見せ、優勝へのマジックナンバーを自力で「5」に減らした。

 日本ハムは0−0の4回、先頭の2番近藤が二塁打を放つと、一死三塁から4番中田が左前適時打を放ち先制。さらに二死から6番レアードの左前打で繋ぎ再び一、二塁の好機を作ると、7番陽が左中間席へ着弾する14号3ランを放った。

 先発の増井は初回にいきなり2者連続四球を与えるも、後続を抑えピンチ脱出。この日は計5四球と制球に苦しんだが、要所を締める投球で6回までゼロを並べた。増井は先発の役割を果たし、これで8月18日のオリックス戦から6戦6勝。またしてもチームを救う力投を見せ、マジック減らしに貢献した。

 日本ハムは4点リードの9回、4番手の宮西が失策絡みで失点したが、序盤のリードを守り逃げ切り勝ち。2位のソフトバンクが勝利したため1ゲーム差は変わらないが、本拠地でガッチリと勝利を掴んだ。