○ ツインズ 3 − 2 マリナーズ ●
<現地時間9月24日 ターゲット・フィールド>

 マリナーズの青木宣親が24日(日本時間25日)、敵地でのツインズ戦に「1番・左翼」で先発出場したが、3打数無安打に倒れた。チームもメジャー最低勝率のツインズ相手に痛い敗戦。ワイルドカードでのプレーオフ(PO)進出争いから半歩後退した。

 青木はツインズの先発右腕・ダフィーの前に3打数無安打。相手が中継ぎ左腕を投入した8回に代打を送られ、打率は.273に低下した。

 マリナーズは2点を追う4回、4番クルーズの39号2ランで同点に追いつくも、直後の4裏に先発のミランダが失点。結局この1点が決勝点になった。

 ア・リーグ西地区2位のマリナーズは、これで今季通算81勝73敗で貯金「8」。残り8試合でワイルドカード圏内へは2.5ゲーム差だが、同圏内の2チームは東地区2位のブルージェイズと同3位のオリオールズで、この両チームは現地27日から直接対決3連戦を予定している。

 マリナーズも26日からは、現在0.5ゲーム差で同地区3位のアストロズ戦。その前に、まずは明日25日のツインズ戦をしっかりと取りたいところだ。