25日、QVCマリンで行われているロッテ−オリックス戦の始球式に、リオ五輪重量挙げ48キロ級銅メダリストの三宅宏実さんが登場。

 背番号3のユニフォームを着て始球式を行った三宅さんは、打者役を務めた鈴木大地の背中を超えるボールとなった。

 始球式を終えて三宅さんは球団を通じて「サブロー選手引退という特別な日の始球式を務めてさせていただき大変光栄です。ありがとうございました。サブロー選手、長い野球選手生活、本当にお疲れ様でした。次のステージでの活躍をご祈念いたします」とコメントした。