○ マーリンズ 6 − 4 ブレーブス ●
<現地時間9月24日 マーリンズ・パーク>

 マーリンズのイチローが24日(日本時間25日)、本拠地でのブレーブス戦に途中出場したが2打数無安打に倒れた。チームは逆転勝ちで連敗を「3」で止めた。

 イチローは3戦連続のベンチスタート。5−3の6回裏に中継ぎ投手のエリントンの代打で登場したが、相手の3番手右腕・デラクルスの前に一ゴロに倒れた。

 イチローは次の回から守備に就き、左翼、右翼とポジションを変えながら出場続行。7回裏に2度目の打席が回ってきたが、二死二塁の好機で相手の4番手右腕・ガントの前に遊ゴロに倒れた。この日は2打数無安打で打率は.289となった。

 マーリンズは左肘痛から復帰2戦目となった先発のチェンが4回2失点で降板。それでも序盤から打線が効率よく得点を重ね、逆転勝利で連敗を止めた。