25日、『S☆1』(TBS系)にVTR出演した野村克也氏が、同日に行われた日本ハム−楽天戦に「3番・指名打者」で先発出場した日本ハムの大谷翔平の打撃を解説した。

 大谷は初回二死走者なしで迎えた第1打席、楽天先発・安楽智大が投じた外角のストレートをレフトへ弾き返すヒットで出塁。これで大谷はシーズン100安打に到達した。この打撃に野村氏は「狙ってたんじゃないの?外角一辺倒だもん。内角は来ないと雰囲気で察知していたと思うよ」と解説。

 続く3回二死走者なしで迎えた第2打席は四球を選ぶと、第3打席は見逃し三振。そして、第4打席は1点を追う8回二死三塁のチャンスで回ってくる。「天才だから、そんなに難しく考えないんじゃないの?まっすぐだけでしょう」。野村氏の言葉通り大谷は、楽天のセットアッパー・ミコライオが投じた初球の外角ストレートをセンター前に運ぶ同点タイムリー。野村氏は「さすが大谷。よく打った。3打席とも初球は全部外角だもん。狙ってるよ」と分析した。

 試合は9回で決着がつかず延長戦へ。延長11回先頭の大谷が、センターオーバーの二塁打でサヨナラのチャンスメイク。その後、大谷は三塁へ進むと、レアードの打席中に楽天・福山博之の暴投し、大谷はサヨナラのホームを踏んだ。

 首位・日本ハムが勝利し、同日西武と対戦した2位・ソフトバンクが敗れたため、日本ハムの優勝マジックは2つ減って「3」。野村氏は「このまますんなりソフトバンクだろうなと予想していたんだけど、日本ハムがひっくり返すとは予想しにくかった。7割以上は決まりじゃない。大谷様様。(優勝は)間違いない」と日本ハムの優勝を予想し、大谷については「我々の時代のONに近い選手になるでしょう」と評価していた。