◆ 加藤、前回対戦時のリベンジなるか

 25日の楽天戦でサヨナラ勝ちを収め、優勝マジックを「3」とした日本ハム。今日は敵地でオリックスとの最終戦に臨む。

 オリックスには15勝8敗と大きく勝ち越しているものの、現在2連敗中。9月14日の試合では16安打を許し、1−11で大敗した。

 先発マウンドに上がるのは、ドラフト2位ルーキー加藤貴之だ。今季ここまで、6勝3敗、防御率3.44という成績を残している。

 オリックス戦では防御率2.76という成績だが、前回対戦時には7回途中7安打4失点と不安が残る結果となった。

 また、オリックスの吉田正尚とのルーキー対決にも注目。ここまでは4打数無安打、1奪三振と加藤に軍配が上がっているが、好調・吉田を今回も打ち取ることができるだろうか。


 一方、西武に敗れて日本ハムとのゲーム差が「2」に広がったソフトバンクは、ベテランの摂津正にマウンドを託す。

 前回登板の西武戦では、5回を5安打3失点にまとめて勝利。8月以降は3試合で2勝と復調をアピールしている。

 奪首のためには勝ち続けるしかないディフェンディングチャンピオン。崖っぷちのチームを救うことができるか、エースの投球に注目だ。

 本日の試合予定と予告先発は以下の通り。


【26日の試合予定】

ロッテ(涌井秀章)− ソフトバンク(摂津正)
<QVCマリン 18時15分>
・最近5試合の成績
ロ(3位):●●○○●
ソ(2位):●●○○●

オリックス(東明大貴)− 日本ハム(加藤貴之)
<京セラドーム 18時00分>
・最近5試合の成績
オ(6位):●○●●○
日(1位):○○●○○