西武は27日、金子侑司を登録抹消した。

 今シーズンは自己最多となる129試合に出場し、リーグトップタイの53盗塁を決めている金子。トップを快走していたオリックス・糸井嘉男をついに捕らえた矢先、股関節の負傷で戦線離脱を余儀なくされてしまった。

 初タイトルも見えていた中での悔しい離脱。糸井の方も満身創痍なだけに、このまま2人並んでフィニッシュということも考えられるが、不本意な部分は否めないだろう。

 悔しさをバネに、今度は自力でタイトルを...。来季以降のさらなる飛躍に期待したい。

 また、ロッテは西野勇士を一軍登録。頼れる守護神がCS前に帰ってきた。

 その他の公示は以下の通り。


<9月27日の公示情報>
※再登録=10月7日以降

■ 福岡ソフトバンクホークス
−登録−
32 塚田正義 / 外野手
=抹消=
50 摂津 正 / 投手

■ 北海道日本ハムファイターズ
−登録−
47 田中豊樹 / 投手
=抹消=
14 加藤貴之 / 投手

■ 千葉ロッテマリーンズ
−登録−
29 西野勇士 / 投手
=抹消=
16 涌井秀章 / 投手

■ 埼玉西武ライオンズ
−登録−
58 熊代聖人 / 外野手
=抹消=
18 多和田真三郎 / 投手
2 金子侑司 / 内野手

■ オリックス・バファローズ
−登録−
35 比嘉幹貴 / 投手
=抹消=
26 東明大貴 / 投手


■ 東京ヤクルトスワローズ
−登録−
51 藤井亮太 / 捕手

■ 読売ジャイアンツ
−登録−
23 相川亮二 / 捕手
=抹消=
44 大田泰示 / 外野手

■ 阪神タイガース
−登録−
50 青柳晃洋 / 投手

■ 中日ドラゴンズ
−登録−
61 若松駿太 / 投手