○ 西武 3 − 0 日本ハム ●
<24回戦・西武プリンス>

 優勝マジック「1」で迎えた日本ハムだったが、西武先発・岸の快投に屈し完封負け。マジック対象の2位ソフトバンクは勝利したため、4年ぶり優勝の可能性は次戦以降へ持ち越しとなった。

 日本ハムの先発は、9月から抑えに配置転換されていたい吉川。久々の先発でまずは立ち上がりを無難に乗り切りたいところだったが、初回、2番外崎に2号2ランを左翼席に運ばれた。0−2で迎えた5回は、二死から9番炭谷に1号ソロを再び左翼席へ。2回以降は落ち着きを落ち着きを取り戻したが、伏兵の一発に泣き、5回3失点で降板した。

 打線は西武先発・岸に前に4回まで無安打。6回は一死一、二塁の好機を作ったが、3番陽、4番中田が凡退。7回は二死一塁から代打・大谷の二塁打で二、三塁としたが、9番中島が見逃し三振に倒れた。

 日本ハムはリリーフ陣が奮投したが、打線が最後まで得点を奪えず完封負け。さらに、ロッテと対戦したソフトバンクが勝利したため、優勝へのマジックナンバー「1」は変わらぬままとなった。