● ロッテ 2 − 3 ソフトバンク ○
<24回戦・QVCマリン>

 ソフトバンクが接戦を制し連敗ストップ。敗れれば日本ハムの優勝が決まる一戦だったが、王者の意地を見せ3連覇への望みをつないだ。

 ソフトバンクは初回、4番内川が中前適時打を放ち先制。内川は1−0の8回にも一死三塁から右犠飛を放ち、貴重な2点目を叩き出した。

 先発の千賀は力強い直球と鋭いフォークを軸に立ち上がりからロッテ打線を翻弄。しかし、完封勝利も見えてきた8回、二死一塁から代打・福浦に左前打を許すと、続く代打・井口に四球を与え満塁。そして1番岡田、2番清田に連続となる押し出し四球を与え2−2の同点に追いつかれたところでマウンドを降りた。

 それでも、なおも二死満塁のピンチで登板した森福が、3番角中を左飛に打ち取りピンチ脱出。直後の9回表、相手の2番手・田中から一死一、三塁の好機を作ると、1番福田が決勝点となるスクイズを決め、粘るロッテを振り切った。

 これで西武に敗れた日本ハムのマジック「1」は変わらず。ソフトバンクは残りの3試合を全勝しても3連覇の行方は日本ハムの結果次第だが、まずは目の前の戦いを制し、連覇への望みをつないだ。