◆ 2年連続で同じ顔合わせ

 1日、KIRISHIMAサンマリンスタジアム宮崎で、ファーム日本選手権が行われる。イースタン・リーグの覇者巨人と、ウエスタン・リーグを5連覇したソフトバンクが対戦。昨季と同じ顔合わせとなった。

 イースタンを制した巨人は、7月29日のロッテ戦から8月13日の西武戦にかけて14連勝をマークするなど、夏場以降圧倒的な強さを誇った。特にプロ2年目の岡本和真は、イースタントップの74打点、本塁打もリーグ2位の18本と4番打者としての役割を果たしている。

 一方、ウエスタン史上初となる5連覇を達成したソフトバンクは、塚田正義が首位打者と最多安打、カニザレスが本塁打王、釜元豪が盗塁王、山田大樹が最多勝、最優秀防御率、勝率1位、笠原大芽が最多奪三振、嘉弥真新也が最多セーブと投打ともにタイトルホルダーが多い。

 昨季はソフトバンクが巨人を2−0で下し、ファーム日本一に輝いた。今季もソフトバンクがファーム日本一の座を掴むことができるのか。それとも、巨人が雪辱を果たすのか。試合は13時00分にプレイボール。

【ファーム選手権】
ソフトバンク(笠原大芽)− 巨人(今村信貴)
<KIRISHIMAサンマリンスタジアム宮崎 13時00分>

◆ 巨人の出場資格者名簿
<投手>
13 香月良太
17 大竹 寛
18 杉内俊哉
21 桜井俊貴
26 内海哲也
28 ガブリエル
45 今村信貴
46 興那原大剛
48 矢貫俊之
57 公文克彦
59 小山雄輝
60 乾 真大
62 江柄子裕樹
91 中川皓太
92 平良拳太郎
93 巽 大介
94 メンドーサ
95 ウーゴ
96 長谷川潤
99 阿南 徹
001 篠原慎平
002 田原啓吾
003 ペレス
010 高橋慎之介
012 成瀬功亮
013 田中太一
019 大竹秀義
020 橋本篤郎
021 矢島陽平
022 ソリマン
024 田中大輝
025 アダメス

<捕手>
23 相川亮二
40 加藤 健
52 宇佐美真吾
53 河野元貴
64 鬼屋敷正人
69 松崎啄也
005 田中貴也
006 芳川 庸
016 小林大誠

<内野手>
0 藤村大介
2 脇谷亮太
36 中井大介
38 岡本和真
56 山本泰寛
61 和田 恋
65 辻 東倫
68 吉川大幾
004 川相拓也
015 増田大輝
018 田島洸成
023 坂口真規

<外野手>
31 松本哲也
32 橋本 到
33 アブレイユ
42 アンダーソン
43 重信慎之介
44 大田泰示
51 堂上剛裕
58 立岡宗一郎
66 北  篤
007 高橋 洸
008 青山 誠
009 長江翔太
011 北之園隆生


◆ ソフトバンクの出場資格者名簿

<投手>
11 中田賢一
14 加治屋蓮
20 寺原隼人
25 巽 真悟
29 石川柊太
34 山田大樹
39 島袋洋奨
47 高橋純平
50 摂津 正
54 柳瀬明宏
56 星野大地
57 嘉弥真新也
63 笠原大芽
65 バリオス
66 松本裕樹
121 吉本祥二
123 伊藤祐介
126 斎藤誠哉
127 伊藤大智郎
129 野沢佑斗
130 児玉龍也
136 中村 晨
137 渡辺健史

<捕手>
22 斐紹
27 細川 亨
31 栗原陵矢
45 谷川原健太
62 拓  也
77 張本優大
131 堀内汰門
132 樋越優一

<内野手>
00 川瀬 晃
4 金子圭輔
35 川島慶三
55 茶原健太
59 古沢勝吾
61 黒瀬健太
95 カニザレス
140 曽根海成

<外野手>
32 塚田正義
37 福田秀平
43 江川智晃
51 上林誠知
60 釜元 豪
64 真砂勇介
124 幸山一大
134 金子将太