○ ロッテ 4 − 2 楽天 ●
<23回戦・QVCマリン>

 福浦和也が、相性の良い楽天の先発・美馬学からタイムリーを含む2安打1打点の活躍を見せた。

 初回1点を先制してなお、二死三塁で迎えた第1打席、楽天先発・美馬が投じた低めのフォークを「何とかバットに当たってくれて良かった」と技ありのセンター前タイムリー。続く4回の第2打席も、初球の外角ストレートを逆らわずにレフト前ヒットで出塁した。一死後、鈴木大地がライトの頭上を越える打球に、一塁走者の福浦は激走し、一気にホームに生還。

 この日、福浦は美馬から2安打を記録し、今季の対戦成績を12打数6安打、打率.500とした。8日から始まるクライマックス・シリーズに向けて弾みをつけた。