地区シリーズ進出決定戦
○ ブルージェイズ 5x − 2 オリオールズ ●
<現地時間10月4日 ロジャース・センター>

 メジャーリーグのプレーオフが4日(日本時間5日)開幕。ア・リーグのワイルドカードゲームはブルージェイズがサヨナラ勝ちで制し、ダルビッシュ有が所属するレンジャーズとの地区シリーズに駒を進めた。

 ブルージェイズは2回、4番バティスタが豪快な左越えソロを放ち先制。1−2の5回は9番カレラが中前適時打を放ち試合を振り出しに戻した。投げては先発のストローマンが好投。4回に逆転2ランを浴びたが、それ以外はほぼ完璧な投球を見せ6回2失点と試合を作った。

 7回からは救援陣が快投。オリオールズ打線に1安打も許さぬまま延長11回まで持ち込むと、その裏、一死一、三塁から、3番エンカーナシオンが試合を決める3ランを左翼席中段へ運んだ。

 ブルージェイズは2年連続で地区シリーズへ進出し、相手も再びレンジャーズとなった。昨年の同シリーズでは本塁打を放ったバティスタの“バット投げ”が物議を醸し、今季5月15日(同16日)の対戦では報復死球が引き金となり大乱闘に発展。計8人が退場処分を受けた。地区シリーズは6日(同7日)に開幕し、先に3勝したチームがリーグ優勝決定シリーズへ駒を進める。