● レンジャーズ 1 − 10 ブルージェイズ ○
<現地時間10月6日 グローブライフ・パーク・イン・アーリントン>

 現地時間6日(日本時間7日)、ア・リーグの地区シリーズが開幕。アーリントンでは西地区王者・レンジャーズがワイルドカードゲームを勝ち上がったブルージェイズをホームに迎えるも、勢いに乗る相手の打線を止めることが出来ず、1−10の大敗を喫した。

 レンジャーズは今季15勝5敗の勝ち頭・ハメルズを先発マウンドに送るも、ブルージェイズの強力打線につかまる。

 3回、二死ながら二塁のピンチで昨季のリーグMVP・ドナルドソンに二塁打を浴びて先制を許すと、そこからの連打でさらに1点を失い、四球で満塁とした後にトロウィツキーの走者一掃の三塁打で3失点。この回一気に5点を失ってしまう。

 4回にも、先頭のアップトンを2ストライクと追い込みながらも高めのボールをレフトスタンドまで運ばれると、味方の失策からドナルドソンに2打席連続となるタイムリーツーベースを浴びてKO。4回途中7失点と試合を作ることができなかった。

 打線もブルージェイズ先発のエストラダを前に8回まで4安打と沈黙。9回表にバティスタの3ランでトドメを刺されると、その裏に内野ゴロの間に1点を挙げて完封負けを阻止するのがやっとだった。

 リーグ最高勝率を誇るレンジャーズも、ワイルドカードゲームをサヨナラ勝ちで突破した相手の勢いに飲み込まれてしまうのか。負ければ後がなくなる第2戦は、ダルビッシュ有が先発する。

 復活した右腕はチームの窮地を救うことができるか。第2戦は日本時間8日の午前2時08分にプレイボール。


【予告先発】
▼ ア・リーグ地区シリーズ 第2戦
・レンジャーズ=ダルビッシュ有(7勝5敗/132奪三振/防3.41)
・ブルージェイズ=J.A.ハップ(20勝4敗/163奪三振/防3.18)