9日、『サンデーモーニング』(TBS系)の人気コーナー『週刊 御意見番』に張本勲氏と仁志敏久が生出演。張本氏は2日の楽天戦で10年ぶりにNPBの一軍マウンドに帰ってきた松坂大輔について解説した。

 松坂は0−2で迎えた8回裏に4番手として登板したが、制球に苦しみ打者10人に対し3安打4四死球5失点と苦しい復帰戦となった。張本氏は「スゴイピッチャーだったけど、面影がないね。それとね、文句言うんだったら太りすぎ。ピッチャーはあんな太っちゃダメよ」と分析。ゲスト出演した仁志氏は「トップアスリートですから本人は、今のままでは終われないと思う。また来年に期待したい」とエールを送った。

 また、松坂と同じ横浜高校出身の筒香嘉智(DeNA)は8日に行われた巨人とのクライマックスシリーズ・ファーストステージ第1戦で逆転2ランを放ち、チームの勝利に大きく貢献。この活躍に張本氏は「今、筒香を抑えられるのは2、3人しかいないんじゃないの?。あれだけ振れるバッターは王以来」と“あっぱれ”を入れた。仁志氏も筒香の本塁打に「大あっぱれですね。日本の4番といってもいいくらいのバッター」と話していた。