ロッテは9日、球界初の売り子アイドルグループ・マリーンズカンパイガールズが、QVCマリンフィールドにて行われているクライマックスシリーズファーストステージのPVにて挑戦しているチャレンジ企画で初日となった8日のビール売上が6人合計で816杯となり、1回目の目標達成となったと発表した。

 マリーンズ カンパイ ガールズはクライマックスシリーズ(ファースト、ファイナル合わせて最大9試合)の期間中に、QVCマリンフィールドで開催されるパブリックビューイングにおいてカンパイガールズ6人の合計ビール販売数が、1試合400杯以上を5回達成すると、単独ライブが開催できる(試合数が5日間より少なければ自動的にチャレンジ失敗)企画に挑戦中。

 カンパイガールズリーダーの今井さやかさんは「達成できたことは良かったと思うのですが、チームが負けたので悔しさしかありません。今日もマリンからファンの方と一緒に気を送ります。下剋上を信じています。そして今日はマリンで応援してくださっているファンの方と一緒に勝利のカンパイをして喜びたいです!それでは最後にウ〜グビグビ。マリーンズ カンパイ ガールズです!」とコメント。

 なお、下剋上グッズはオフィシャルショップ、オンラインともに昨日8日中に売り切れ。QVCマリンフィールド内にて発売された下剋上茶漬けは8日の試合開始前に売り切れとなった。