○ ナショナルズ 5 − 2 ドジャース ●
<現地時間10月9日 ナショナルズ・パーク>

 ナ・リーグの地区シリーズ第2戦が9日(日本時間10日)に行われ、ナショナルズ(東地区)がドジャース(西地区)を逆転勝ちで下し、対戦成績を1勝1敗のタイに戻した。

 ナショナルズは2点を追う4回、8番ロバトンが起死回生の3ランを放ち逆転。続く5回は4番マーフィーの適時打で4−2とリードを広げると、7回にもマーフィーが左前適時打を放ち貴重な5点目を加えた。

 先発のロアークは5回途中2失点で降板したが、ナショナルズは救援陣が無失点リレー。3点リードの9回は守護神・メランソンが締め、勝利投手は4番手のトライネン、メランソンにはセーブが付いた。

 ドジャースは2番シーガーの2試合連続弾などで3回までに2点を先制したが、4回以降はゼロ行進。先発のヒルは計4四死球と制球に苦しみ、5回途中4失点で負け投手になった。それでも敵地での戦いを1勝1敗で終え、本拠地ドジャー・スタジアムへ帰還。10日(同11日)に行われる第3戦の先発予定は前田健太で、ナショナルズとはキャリア初対戦となる。