○ ブルージェイズ 7x − 6 レンジャーズ ●
<現地時間10月9日 ロジャース・センター>

 ブルージェイズ(ワイルドカード)とレンジャーズ(西地区)の地区シリーズ第3戦が9日(日本時間10日)に行われ、サヨナラ勝ちのブルージェイズがこのシリーズ3連勝とし、2年連続の優勝決定シリーズ進出を決めた。

 ブルージェイズは1点を先制された直後の1回裏、3番エンカーナシオンの2ランで逆転すると、二死から5番マーティンもソロ本塁打を放ち3−1。3回にも2番ドナルドソン、続くエンカーナシオンの連続適時打で5−2とリードを広げた。

 その後、レンジャーズ打線の反撃を受け5−6と逆転されるも、6回は二死満塁から相手のバッテリーミスの間に同点。そして6−6のまま迎えた10回は、先頭・ドナルドソンの二塁打を口火に一死一、二塁とすると、マーティンの打球は遊ゴロ。タイミング的には併殺だったが、レンジャーズの二塁・オドルの一塁送球が悪送球になり、この間に、二塁走者のドナルドソンが本塁へ滑り込んだ。

 レンジャーズは打線が粘りを見せるも、先発のルイスが初回から捕まり3回途中5失点で降板。このシリーズは初戦のハメルズも4回途中7失点、第2戦のダルビッシュは5回5失点と、3試合とも先発投手が試合を作れなかった。

 この試合は救援陣が奮投したが、中盤以降は痛いミスが重なり3連敗。今季はア・リーグ最高勝率をマークし2年連続で地区シリーズ進出を決めたが、昨年に続きブルージェイズに優勝決定シリーズ進出を阻まれる結果となった。