セCSファイナルステージ第1戦
○ 広島 5 − 0 DeNA ●
<10月12日 マツダスタジアム>

 リーグ王者の広島が快勝発進。先発のジョンソンが3安打完封の快投を見せると、打線は1番田中から4番新井まで全員が打点をマーク。勢いに乗るDeNAを寄せつけず、アドバンテージを含めた通算成績を2勝0敗とした。

 広島は0−0の3回、先頭の1番田中が四球で出塁すると、続く菊池が送りバントを1球で決め一死二塁。ここで3番丸が中堅フェンス直撃の先制適時二塁打を放つと、続く新井も一、二塁間を破る右前適時打を放ち丸が2点目のホームを踏んだ。

 2−0の7回は8番石原の中前打、9番ジョンソンの送りバントで再び一死二塁の形を作ると、田中が右翼線を破る適時二塁打を放ち3点目。さらに続く菊池も中前に落ちる適時打を放ち、貴重な4点目を加えた。8回には代打・エルドレッドがダメ押しとなる適時二塁打をマーク。打線は先制、中押し、ダメ押しと、理想的な攻撃で8回までに5点を奪った。

 投げてはシーズン15勝(7敗)のジョンソンが見事な完封勝利。初回は2四球を与えるも併殺で無失点スタート。2回以降は低めを丁寧に突く投球が光り、DeNA打線を3安打に封じ込めた。

 DeNAはジョンソンの前に打線が沈黙。先発のモスコーソはピンチで粘り切れず、7回4失点で負け投手となった。