パCSファイナルステージ第1戦
○ 日本ハム 6 − 0 ソフトバンク ●
<10月12日 札幌ドーム>

 リーグ覇者の日本ハムがソフトバンクを投打で圧倒。アドバンテージを含めた通算成績を2勝0敗とし、2012年以来の日本シリーズ進出へ前進した。

 注目の大谷は「8番・投手」で出場。マウンドでは直球とスライダーを軸にした打たせて取るスタイルで、3回まで無安打投球を展開した。

 4回は一死から4番内川に左翼線への二塁打を浴びたが、続く5番長谷川は一ゴロ。6番松田にはど真ん中のスライダーを捉えられたが、この打球は中堅・陽のグラブにダイレクトで収まった。

 打席では0−0で迎えた5回、無死一塁の場面で第2打席に入ると、ソフトバンク先発・武田から好機を広げる中前打をマーク。日本ハムは続く大野の犠打失策で無死満塁とすると、1番西川、3番近藤がともに2点適時打を中前へ運んだ。

 さらに一死一塁から、4番中田が特大の2ランを左中間スタンドへ。一気の集中打で6−0とし、武田をマウンドから引きずり降ろした。

 マウンドの大谷は、5回以降3イニング連続の3者凡退。結局7回を1安打6奪三振無失点の快投。6回の第3打席ではプロ初の送りバントを決めるなど、打席でも2打数1安打1犠打と活躍した。

 日本ハムは8回から谷元、マーティンと繋ぎ完封リレー。ソフトバンクを投打で圧倒し、4年ぶりのファイナルステージ突破へ最高のスタートを切った。