セCSファイナルステージ第2戦
○ 広島 3 − 0 DeNA ●
<10月13日 マツダスタジアム>

 リーグ王者の広島が2試合連続の完封勝ち。1勝のアドバンテージを含めた通算成績を3勝0敗とし、日本シリーズ進出へ一気に王手をかけた。

 広島は初回、前日に続き1番田中、2番菊池のチャンスメイクで一死三塁とすると、3番丸が右前適時打を放ち先制。3回も田中の四球、菊池の送りバントなどで再び一死三塁の形を作ると、またしても丸が犠飛を中堅へ打ち上げた。

 2−0の8回には、田中がCSチーム1号となるソロ本塁打を右翼席へ。今季飛躍したリードオフマンは、1発を含む2安打3得点と攻撃陣をけん引した。

 投げては先発の野村が、初回からリーグ最多勝の貫禄を見せつけ6回を3安打無失点の快投。6日のJR西日本との練習試合では、打球を首に受けて状態が心配されていたが、影響をまったく感じさせることなく後続にバトンをつないだ。

 7回以降は今村、ジャクソン、中崎とシーズン同様の勝ちパターンが好救援。中崎も痛めた腰の状態が不安視されていたが、こちらも9回の1イニングをしっかりと締め、2試合連続の完封勝利に貢献した。

 対するDeNAは打線が振るわず2試合連続の完封負け。先発の三嶋は初回からピンチの連続で、4回2/3を3安打3四死球2失点の内容で負け投手となった。