● ナショナルズ 3 − 4 ドジャース ○
<現地時間10月13日 ナショナルズ・パーク>

 ナショナルズ(東地区)とドジャース(西地区)の地区シリーズの第5戦が13日(日本時間14日)に行われ、総力戦を制したドジャースが対戦成績を3勝2敗とし、3年ぶり11度目のリーグ優勝決定シリーズ進出を決めた。

 ドジャースは1点を追う7回に一挙4点を奪うと、1点差に迫られた7回裏から抑えのジャンセンを投入。守護神が3イニングをまたき2回1/3を無失点に抑えると、最後は第4戦に先発したカーショーが中1日でマウンドに上がり、一死一、二塁のピンチを凌いだ。

 逃げ切ったドジャースは、15日(同16日)から今季メジャー最高勝率を誇るカブス(中地区)とリーグ優勝決定シリーズを戦うことが決まった。

 今回の地区シリーズでは、エースのカーショーが5試合中3試合に登板(2先発、1救援)し、第2戦に先発したヒルはこの日の第5戦に先発した。よってローテーション通りなら前田健太がカブスとの第1戦に先発する可能性が高く、次のステージからは7試合制のため、展開次第では5戦目以降の再登板も考えられる。

 10日(同11日)の地区シリーズ第3戦に先発した前田は、3回4失点と試合を作れず負け投手になった。それでもチームメイトが作ってくれた挽回のチャンスで、シーズン16勝の力を見せつけてほしいところだ。