パCSファイナルステージ第3戦
○ 日本ハム 4 − 1 ソフトバンク ●
<10月14日 札幌ドーム>

 日本ハムが逃げ切り勝ち。1勝のアドバンテージを含めた通算成績を3勝1敗とし、2012年以来となる日本シリーズ進出へ王手をかけた。

 日本ハムは初回、ソフトバンク先発・千賀に対し二死一、三塁の好機を作ると、5番近藤が初球の直球を左前へ弾き返し先制。なおも一、二塁としたあと、6番レアードが左翼席へ着弾する豪快な3ランを放った。

 投げては先発の有原が好投。援護をもらった直後の2回は無死二、三塁のピンチを背負ったが、下位打線の3人をしっかりと打ち取り無失点。3回は一死から1番中村にソロ弾を浴びたが、その後はソフトバンク打線に反撃を許さず、7回を5安打7奪三振1失点の好投で先発の役割を果たした。

 8回は2番手の石井がピンチを招いたが、一死一、二塁の場面で登板した谷元が3番柳田を併殺斬り。百戦錬磨のリリーバーが見事な火消しを見せ、9回は連投中のマーティンではなくバースが締めた。

 対するソフトバンクは、先発の千賀が初回に4失点。打線は序盤と終盤の好機を活かせず、得点は中村のソロ弾による1点に終わった。