パ・CSファイナルステージ第4戦
● 日本ハム 2 − 5 ソフトバンク ○
<10月15日 札幌ドーム>

 崖っぷちに追い込まれたソフトバンクが快勝。対戦成績を2勝3敗とし、逆転での日本シリーズ進出へ望みを繋いだ。

 前日の第3戦で敗れ、いよいよあとがなくなったソフトバンク。負けられない戦いに打線が奮起した。

 まずは2回、長谷川勇也が左中間スタンドに叩き込む一発で先制点を挙げると、3回には二死走者なしで本多雄一の安打から盗塁、これに相手のミスも絡んで一気に三塁まで進むと、柳田悠岐のタイムリーで追加点。さらに4回にも今宮健太の2ランで加点し、6回には松田宣浩がシリーズ2本目の一発を放って5−0とリードを拡げた。

 投げては先発のバンデンハークが危なげない投球を披露。6回に2つの四球から大谷翔平に2点タイムリーを許したものの、6回を101球で2失点と試合を作り、7回からは岩崎翔、森福允彦、スアレス、サファテとバトンを繋いでリードを守り抜いた。

 投打が噛み合い、これで対戦成績は2勝3敗。日本一3連覇へ、ソフトバンクは諦めない。