15日、『S☆1』(TBS系)にVTR出演した野村克也氏が、クライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ日本ハム−ソフトバンク戦の第4戦を解説した。

 日本ハムが3勝(アドバンテージの1勝を含む)、ソフトバンクが1勝で迎えた第4戦。ソフトバンクは、2回一死走者なしから長谷川勇也の本塁打で先制すると、3回に柳田悠岐のタイムリー、4回に今宮健太の2ランで日本ハムを突き放した。

 さらに6回には、松田宣浩のソロでリードを5点に広げる。その裏、ソフトバンクは2つの四球で一死一、二塁のピンチを招くと、打席には大谷翔平。野村氏は「おそらくフォークから入ってくるでしょう」と予想も、ソフトバンクバッテリーは初球に150キロのストレートで、大谷はファール。「ダメだ、読みが悪い。真っ直ぐが来る」と話した2球目は、外角のチェンジアップでボール。これには野村氏も「このキャッチャー(高谷裕亮)と俺には合わない」とボヤく場面も。

 「ベストなストレートでいくしかないでしょう。変化球のストライクは危ないよ」。野村氏が危険と話した変化球を選択したソフトバンクバッテリーは、大谷に2点をタイムリーを浴びる。「変化球放っちゃダメだって言っているのに。フォークのすっぽ抜けは一番打ちやすいんだ」と解説した。

 なおも二死一、二塁とピンチは続いたが、ソフトバンク先発・バンデンハークは、レアードをインコースのストレートで三ゴロに打ち取った。この配球に野村氏は「味のある配球するね。このキャッチャー。これで(試合は)決まりだ」とコメント。その言葉通り、ソフトバンクが5−2で逃げ切り勝利。

 対戦成績を日本ハムの3勝、ソフトバンクの2勝で16日の第5戦を迎える。