西武の辻発彦新監督が17日、所沢市の西武鉄道ビルを訪問し、後藤高志オーナーに監督就任のあいさつを行った。

 オーナーと初対面した辻監督は、「背筋がピンとしました。あらためて『やらなきゃ』という気持ちになりました」と表情を引き締め、「戦う姿勢であるとか、なくしちゃいけないものが必ずありますから、そういうところは根強くやっていきたい」と意気込んだ。

 後藤オーナーは「21年ぶりにライオンズに戻ってきてくれた。ライオンズが3年連続でBクラスにとどまっているというこうした状況を、辻体制の下でかつての強いライオンズというより、新しいチームとしてAクラス、さらに優勝目指して頑張ってほしい」と激励。さらに、「予想していたより大きかった。頼りがいがある」と絶大の信頼を寄せた。