■楽天-ソフトバンク(Koboスタ宮城 14:00)

 楽天は今季10勝11敗の則本昂大。前回登板の日本ハム戦は7回10安打4失点と崩れ、自身3連敗となった。3年連続奪三振王はほぼ確定しているが、1か月以上白星なし。粘り強く投げて打線の援護を待ちたい。

 今季最終戦となるソフトバンクは7勝2敗のR.バンデンハークが先発。前回登板の西武戦は序盤は素晴らしい投球を見せたが、外崎修汰の1発でリズムを崩し、5回6安打4失点で降板。CSに向け状態を上げていきたい。

 またこの試合では、右肩手術からの復活を目指す松坂大輔の中継ぎ登板が予定されている。9月3日の巨人戦では5回2安打1失点と好投も見せた。登板となれば日本球界では10年ぶりのマウンドになるだけに注目したい。