■広島-DeNA(マツダスタジアム 18:00)
 昨日先勝し、アドバンテージを含め2勝と優位に立った広島は今季16勝3敗、最多勝と勝率の二冠を手にした野村祐輔の先発が濃厚だ。ただ、DeNAに対しては3試合0勝1敗、防御率7.41と分が悪い。6日の練習試合で打球が直撃した右肩の影響も気になるところ。
 今日負ければ、王手をかけられるDeNAは三嶋一輝の先発が予想される。調子が上がらず2軍調整が長かった今季は1勝1敗。広島戦は2試合0勝1敗と勝ち星こそないが、防御率1.38と相性は悪くない。昨年4月30日の広島戦では野村と投げ合い、8回2安打無四球無失点で勝利投手となっている。ポテンシャルは高いだけに、当日のメンタル次第では再び快投があっても驚けない。

■日本ハム-ソフトバンク(札幌ドーム 18:00)
 昨日初戦を快勝した日本ハムは今季10勝3敗の増井浩俊が先発。今季ソフトバンク戦は1勝1敗、防御率7.94だが、これは先発転向前のもの。先発転向後は、勝負所の9月に5勝を挙げ、9・10月の月間MVPを獲得。増井の好投で一気に王手をかけたいところだ。
 ソフトバンクの先発は今季7勝3敗の中田賢一が先発。シーズン前半はもたついたが、9月は4試合3勝と実力を発揮。対日本ハム戦は2試合0勝2敗と相性は悪いが、ポストシーズンの経験は中日時代から豊富なだけに期待がかかる。