■広島-DeNA(マツダスタジアム 18:00)
 DeNAに連勝した広島はアドバンテージの1勝を含め3勝。今日の試合に勝利すれば1991年以来25年ぶりの日本シリーズ進出となる。先発は今季10勝8敗の黒田博樹が予想される。対DeNA戦は5試合1勝2敗、防御率3.60。第1戦のK.ジョンソン、第2戦の野村祐輔に続く好投を見せたい。
 追い詰められたDeNAは中5日で井納翔一の先発が濃厚か。CSファーストSの巨人戦では7回7安打2失点の好投でチームを勝利に導いた。対広島戦は今季3勝3敗、防御率2.45と相性は悪くない。打線は2試合連続無得点と深刻な状態。筒香嘉智がこの2試合で8打数1安打。主砲の一振りで終戦に待ったをかけたいところ。

■日本ハム-ソフトバンク(札幌ドーム 18:00)
 アドバンテージの1勝を加え、日本ハムの2勝1敗で迎える第3戦は日本ハムが今季11勝9敗の有原航平が先発。対ソフトバンク戦は4勝3敗、防御率2.80。自身最終登板となった9月22日のソフトバンク戦はフォークを多投し、6回7安打2失点の好投を見せた。チームは抑えのマーティンの乱調で、勝ち試合を落としただけにベンチワークにも注目したい。
 昨日は2年連続日本一チームの意地を見せたソフトバンク。先発は中5日となる千賀滉大。CSファーストSのロッテ戦では7回4安打2失点。初回に2本塁打を浴びるも、その後は落ち着いた投球でチームに勝利を呼び寄せた。対日本ハム戦は1勝2敗、防御率3.24。復帰後、安打のなかった柳田悠岐が昨日マルチ安打と反撃態勢は整った。この試合に勝って五分に持ち込みたいところ。