ニフティは9月27日、MVNOサービス「NifMo」を家族で便利に利用できる「NifMoファミリープログラム」の提供を開始した。

 「NifMo」の契約が2つ以上ある場合に、家族用、本人用に複数の@nifty IDを取得できる@niftyの「ファミリープラン」に申し込むことで自動適用されるプログラム。
 複数の「NifMo」の支払いをまとめることが可能なほか、毎月1日にファミリープログラムに参加しているSIMカード1枚につき500MB分のデータ通信量を自動付与する「ファミリーおまとめボーナス」や、「ファミリーおまとめボーナス」分を含むデータ通信量をファミリープログラム内の任意の契約間で分け合える「シェアプラン」を提供する。
 「シェアプラン」は、別途SIMカードごとに申し込みが必要で、税別の月額料金は「3GBプラン(シェア)」が900円、「5GBプラン(シェア)」が1600円、「10GBプラン(シェア)」が2800円。なお、「ファミリーおまとめボーナス」で付与された容量は翌月には繰り越せない。
 「NifMo」では、これまで直近3日間の通信量が基準値を超えた場合、通信速度を最大200kbpsに制限していたが、ユーザーの要望を受け、当日1日分に緩和し、制限を解除するタイミングを翌日に変更した。ただし、通信速度制限を適用する基準値や、速度制限後の通信速度は変更しない。
■「NifMo」のサービス紹介
https://www.bcnretail.com/news/detail/20160926_11920.html