キングジムは10月4日、デジタルメモ「ポメラ」の新製品として、シリーズで初めてWi-Fiに対応した「DM200」を10月21日に発売すると発表した。

 キングジム常務取締役の亀田登信開発本部長はあいさつで「ポメラは2008年に誕生し、累積販売台数は30万台を突破した」と説明。新製品の「DM200」については「テキスト入力に特化した端末というコンセプトを継承し、入力のしやすさにさらに磨きをかけた完成度の高い商品だと自負している」と紹介した。
 「DM200」は、Wi-Fiを通じてEvernoteやプリンタ、メールサーバーに直接、ファイルをアップロードできる。iPhoneやiPad、Macの標準メモアプリと双方向で文章を編集できる機能「ポメラ Sync」も備える。
 日本語入力システムは、語彙数をこれまでの約3倍に拡充し、PC版ATOKと同様の変換精度を実現したポメラ専用の「ATOK for pomera[Professional]」を新たに搭載し、より正確な変換ができる。
 本体は、打ちやすさを重視したストレートタイプで、ノートPC並みのキーピッチ17mmのキーボードを搭載した。さらに、前機種より面積が40%広い7インチワイド画面を採用した。
 電源は、乾電池からリチウムイオンバッテリに初めて変更。約18時間の連続駆動時間を実現し、モバイルバッテリからの充電も可能になった。有償で交換に対応する予定。
 このほか、国語、英和、和英のほかに、「角川類語新辞典.S」を新たに追加した。バージョンアップしたiOS専用の無料アプリ「pomera QR code reader」を使えば、最大約5万字の文章データをQRコードに変換し、スマートフォンなどで読み込むことができる。
 税別価格は4万9800円。専用ケース(税別4300円)と専用保護フィルム(税別1800円)は10月21日に発売する。