バッファローは、IEEE802.11ac(4×4)に対応したアンテナ内蔵タイプの無線LANルータ「WSR-2533DHPシリーズ」を10月下旬に発売する。税別価格は1万6500円。

 Wi-Fiルータ(無線LAN親機)としては国内初のシャンパンゴールドと、シックなクールブラックの2色のカラーバリエーションを展開。アンテナを本体に内蔵したすっきりとしたデザインで、インテリアになじむWi-Fiルータとして訴求する。なお、シャンパンゴールドは、11月上旬の発売予定。
 対応無線LAN規格はIEEE802.11a/b/g/n/ac。無線LANの安定・高速化機能としては、iPhone 7/7 Plus/6s/6s Plusなどとの通信を高速・安定化する「ビームフォーミング」と、iPhone 5s/5c/5などとの通信を安定・高速化する「ビームフォーミングEX」を備えており、スマートフォン/タブレット端末の位置や距離を判別して、電波を適切に届ける。
 簡単無線LAN設定のAOSS/WPSに対応するほか、本体前面の「AOSS/WPSボタン」を押すだけで既存の無線LANルータからSSID名とパスワードを引き継げる「AirStation引越し機能」を搭載しており、WPS対応の無線LANルータなら他社の製品でも設定を引き継ぐことができる。また、来客に対して家庭内のPCなどへのアクセスを制限しつつ、一時的にインターネット接続を提供できる「ゲストポート機能」や、子どものインターネット利用時間帯を制限可能な「アクセス制限機能」を備える。