日立アプライアンスは、業界最大の12kgの洗濯容量を実現したヨコ型ドラム式洗濯乾燥機の新製品「ヒートリサイクル 風アイロン ビッグドラム(BD-NX120A)」を11月19日に発売する。

 日立アプライアンスの取締役 家電・環境機器事業部の松田美智也部長は「2006年に発売したビッグドラムシリーズは、16年10月末時点で出荷台数が約160万台となった」と説明し、新製品について「洗いも、すすぎも、乾燥も、上質な仕上がりを実感していだける」と紹介した。
 「BD-NX120A」は、直径約61cmの大容積ドラムを初めて搭載。1度に薄手のシングル毛布4枚が洗濯できるほか、従来よりワイシャツが5枚程度多く洗えるようになった。週末のまとめ洗いなどの大容量洗濯ニーズに対応するので、時間やコストの節約が期待できるという。
 サイズは、従来機種と同様の幅69.5cm、奥行き62cmのスリム設計を維持した。形状は、角をなくしたラウンドフォルムを採用。ワンタッチで操作できる洗剤投入口を備え、誰でも使えるユニバーサルデザインに仕上げた。低振動化技術で、従来機種に比べて振動を抑制したのも特徴だ。
 一方、従来機種でも備える乾燥機能「風アイロン」は、新しい湿度コントロールで乾燥の効率を向上。「ナイアガラ洗浄」は、シャワーを前後に稼働させることで、より広範囲に洗浄液を散布できるようになった。
 カラーは、シャンパンとホワイトの2色。価格はオープンで、税別の実勢価格は35万円前後の見込み。なお、洗濯容量11kgの「BD-NV110A」も発売する。カラーはホワイトのみで、価格は32万円前後の見込み。