東芝映像ソリューションは、薄型テレビ「レグザ」シリーズの新製品として、東芝で初となる4K有機ELテレビ「X910シリーズ」を3月上旬に発売する。また、人の肌の質感をリアルに再現する4K液晶レグザ「Z810Xシリーズ」を2月下旬に発売する。

●初の有機ELテレビは65型、55型の2サイズ
 4K有機ELレグザ「X910」の特徴は、高いピーク輝度と濃密な黒の高いコントラストで、映像にメリハリをつけること。東芝映像ソリューションVS第一企画部商品企画部TV担当の本村裕史参事は、自社開発の専用エンジンを搭載したレグザ初の4K有機ELテレビについて、「特に高画質なコンテンツ、例えば映画や音楽ライブ映像を試聴する際に向いている」と説明した。
 画質処理とノイズ除去をそれぞれ2回行う「熟成超解像」機能や、アニメやスポーツといった映像の種類を解析して最適な画質に調整するAI、テレビの下部から音を出すのに最適な新開発の有機EL専用スピーカーシステムなどを搭載。高画質処理エンジンも新たに開発した「OLEDレグザエンジンBeauty PRO」を採用し、有機EL専用の処理能力で高画質を支える。
 デザイン面も一新しており、最薄部6.5mmの薄い画面だけがわずかに浮遊して見える「ラウンジデザインコンセプト」を採用。スタンドが画面よりも前に出ない設計で、映像への没入感を高めた。
 放送済みの番組をいつでも視聴できる「タイムシフトマシン」や、放送中の地上デジタル放送の6番組を一つの画面上に表示して、気になる番組をすぐに選ぶことができる「まるごとチャンネル」などの便利な視聴機能も備える。価格はオープン。税別の実勢価格は、65型「65X910」が90万円前後、55型「55X910」が70万円前後の見込み。