紫外線は少なくなるけど
9月は台風や大雨など気象の変化が多い月。不安定な天候は、肌のターンオーバーにも影響する。紫外線が少なくなったからといって、スキンケアを怠ると、シミやくすみ、ニキビや吹き出物ができてしまうこともある。

肌のシミに関するアンケート
ドクターシーラボでは、「顔のシミ」に関するアンケートを実施し、その結果を公開中だ。

「シミがある」と答えた人は、73.4%で、その理由は「日やけ止めを使っていなかった」が68.9%、「防止や日傘などの日やけ対策をしていなかった」が47.1%となった。

さらに、「美白のスキンケアをしていなかった」と答えた人は29.1%。3人に1人は、「美白ケア」をしなかったことで、シミが浮き出てしまったと認識していることが明らかとなった。

潜在的なシミを抑制することができるのは、「美白ケア」だ。紫外線が少なくなった今こそ、しっかりと美白ケアをおこなうことが必要だ。

ドクターシーラボの美白ケア
ドクターシーラボが提案する美白ケアは、「フォトホワイトC 薬用ホワイトニングマスク」と「フォトホワイトC レーザープラス」。

フェイスマスクには、美容液1本分の美白成分が入っており、ビタミンC誘導体によって顔の隅々までホワイトニングをおこなうことができる。クリーム(レーザープラス)にも、3つの ビタミンCが配合されており、強力に美白をサポートする。

(画像はプレスリリースより)


【参考】
※肌のターンオーバーの乱れに注意喚起!強い紫外線を浴びた肌のシミ・くすみ発生に、ちょっと待った!
http://www.dreamnews.jp/press/0000139334/