英国の農園で生まれた美容バームコスメ「ハーブファーマシー」
英国の農園で生まれた美容バームコスメ「ハーブファーマシー」。同社は、英国で伝説の処方家と呼ばれ、数々のナチュラルコスメブランドの製品作りに携わってきた植物学博士ポール・リチャーズ氏が、自身の集大成として立ち上げたスキンケアブランドだ。
同社は、創設10周年を迎えたことを機に、このほど、パッケージを一新し、リニューアル発売をはじめた。

高品質なハーブ入り製品
ポール・リチャーズ氏の土壌づくりのこだわりから、愛情を込めて育てたソイルアソシエーション認定のハーブは、現地では治療用として使われるほどの高品質なもの。

ハーブの力を見事に引き出した製品は、英国のオーガニックファンから絶大な支持を得ているという。

ラインナップ
英国で「ハーブの芸術」と称される「ハーブファーマシー」のコスメ類。ラインナップは、ヒーリングバーム9種、クレンジング、ローション、クリーム、スペシャルケア、ボディケア、リップケア。

アンチエイジングバーム
いずれの製品も、ハーブの力で、素肌をやさしくいたわってくれそうだ。中でも、エイジングが気になる肌に、ハリを与えてくれるという「マロー ビューティ バーム」30mL 4,200円(税抜)は、肌の加齢を気にしている方におすすめだ。

マーシュマロウ、マレインといったハーブが含まれ、衰えた肌をナチュラルに蘇らせてくれるにちがいない。
公式オンラインストア、全国の百貨店、セレクトショップ、化粧品専門店などで、簡単に手に入れることができる。あなたも、英国のオーガニックファンに習って、「ハーブファーマシー」のコスメで、肌へのヒーリング効果を体感してみては。

(画像はプレスリリースより)


【参考】
※株式会社ビー・エス・インターナショナル プレスリリース
http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000002.000005458.html