カバーマーク株式会社が展開する化粧品ブランド「カバーマーク」は、2016年10月3日(月)より、人気漫画家・桜沢エリカさん描き下ろしのWEB限定マンガ「油断したシンデレラ」を公開。これに合わせて、35歳〜49歳の男女500名を対象にした意識・実態調査をおこなった。

同窓会で再会したクラスのアイドルの「激変」半数以上が経験アリ
調査では過去5年以内に参加した同窓会で“学生時代に可愛いと思っていた女性”と再会したことのある男女500名を対象にしたもの。まず、同窓会で“学生時代に可愛いと思っていた女性”に再会した時の印象を聞いたところ、65%が「見た目のレベルが下がったと感じた」と回答。さらに、学生時代と比べた「見た目印象」の低下の割合について聞いてみると、平均は「4割減」という結果に。中でも「肌」に変化を感じた人が多いようで、学生時代に可愛いと思っていた女性の肌を見て「昔とのギャップを感じた」という人は実に76%にものぼった。

桜沢エリカが描く20年後のシンデレラ「油断したシンデレラ」
「カバーマーク」は、カバー力が12時間持続するファンデーション「モイスチュア ヴェール」の企画として、シンデレラの20年後を描いたWEB限定マンガ「油断したシンデレラ」の前編を10月3日(月)より公開。美しかったはずのシンデレラが、油断によって「激変」してしまった、という設定で物語がスタートする。
マンガの作者は人気漫画家の桜沢エリカさん。女性の心情をリアルに描写した漫画やイラストを多く手掛けるほか、そのファッションセンスも注目を集めている。

【あらすじ】
王子様と結ばれ、幸せな結婚をしたはずのシンデレラ。しかし、結婚して20年経った現在のシンデレラは、毎日寝巻着のままお菓子を食べてばかりの自堕落な生活を送っていた。
油断しきったシンデレラの顔には、うっすらとシミも……。夫となった元王子様も、そんなシンデレラの様子に頭をかかえている。そして、ある晩ついに……!?

【参考】
※WEB限定マンガ「油断したシンデレラ」
http://www.covermark.co.jp/cinderella/index.html