子どもを車に乗せるときに必要なチャイルドシート。法律で定められているのは知っているけれど、「何歳まで?」「罰金はある?」など詳しい内容を知らない人も多いでしょう。そこで具体的な法律の内容から取りつけなくてもいい状況など、チャイルドシートについて詳しくご紹介します。

チャイルドシートをしないと罰金が発生する?

今やすっかり習慣となったチャイルドシートですが、法律化されたのは2000(平成12)年のことです。
道路交通法第71条の3第4項で、「自動車の運転者は、幼児用補助装置を使用しない6歳未満の幼児を乗車させて自動車を運転してはならない」と定められました。幼児用補助装置とはチャイルドシートのことで、つまり6歳未満の子どもにチャイルドシートをしていないと法律違反になるということです。
では、違反した場合はどうなるのでしょうか? 

6歳未満の子どもをチャイルドシートに乗せず車を運転した場合は、違反点数が1点加算されます。しかし罰金は発生しません。そのため「コンビニまで少しだから」と安易に考えて、チャイルドシートの着用を怠る保護者もいるようです。法律を守ることはそのまま子どもの命を守ることです。どんな状況であれ、子どもを車に乗せる際はチャイルドシートを忘れずに着用しましょう。

生まれたばかりの赤ちゃんをチャイルドシートに乗せてもいい?

では、チャイルドシートであれば何でもいいのでしょうか?
チャイルドシートは子どものためのカーシートの総称で、大きく次の3つに分けることができます。新生児用のベビーシート(0〜1歳)、幼児のためのチャイルドシート(1〜4歳くらい)、学童用のジュニアシート(4〜12歳くらい)です。タイプによっては複数を兼用できるものもあります。

実は車のシートベルトは身長が140センチ以上を想定して作られています。そのため140センチ未満の子どもがシートベルトをつけると、万が一事故などがあった場合にしっかりと体や頭を守ることができないのです。

そのためチャイルドシートが法律で義務化されているのは6歳までですが、シートベルトがしっかり着けられるようになるまではジュニアシートなどの着用が推奨されています。
チャイルドシートの目的はあくまでも子どもの体をしっかり守ることです。年齢や体格に合ったチャイルドシートを使用しましょう。決して生まれたばかりの赤ちゃんをジュニアシートに乗せるようなことはしてはいけませんよ。

チャイルドシートを着けなくてもいいケースとは?

法律で義務化されているチャイルドシートですが、どんなときでも着けなければいけないというワケではありません。免除されるケースもあります。
代表的なのは、病気やケガをしている子どもを病院に運んでいる場合です。ぐったりしている子どもを無理にチャイルドシートに乗せると余計に具合が悪くなることも考えられるからです。また、授乳中やオムツを替えている際もチャイルドシート着用の義務は免除されます。

車の構造上、チャイルドシートが取りつけられない場合も違反にならないことになっています。幼稚園や保育園の送迎バス、タクシー、路線バス、レンタカーなどはチャイルドシートがなくても違反になりません。
また6歳未満でも身長が140センチを超えており、シートベルトだけでも安全が確保される場合はチャイルドシートをしなくても違反にならないことになっています。

チャイルドシート購入の際に注意する点は?

チャイルドシートは子どもの安全を守る大切なものです。購入する際は体格や価格などを考慮しますが、もうひとつ大切なことがあります。それは家族のライフプランです。
「子どもはひとりでいい」という家庭と、「子どもは2〜3人ほしい」という家族が同じチャイルドシートでいいかといえば、そうとも言いきれません。
子どもがひとりでいいという場合であれば、兼用型など長く使えるタイプのものがおすすめですが、2〜3人ほしいというのであれば、チャイルドシートを「お下がり」させていく方がムダな出費を抑えられるからです。
チャイルドシート購入の際には、こうしたことも家族で話し合ってみるといいですね。