赤ちゃんが泣くと保護者は焦ってしまうものです。特に人前で泣き止まないと「どうしよう…」と思うこともあるかと思います。赤ちゃんを効果的に泣き止ませる方法はあるのでしょうか。今回は赤ちゃんの泣く原因別に泣き止ませ方をご紹介しましょう。

泣いている原因がわかるときの対処法

赤ちゃんが泣いている原因には、主に以下が考えられます。原因がわかる場合にはその原因を取り除いてあげましょう。

◆おなかが空いているとき
授乳の時間になったとき、おなかが空いているときに赤ちゃんは泣きます。赤ちゃんがほしがるときは授乳して大丈夫です。また授乳中に泣くという場合は授乳がうまくいっていない可能性があるため、飲ませ方を一度確認してみましょう。

◆授乳後にゲップが出ないとき
赤ちゃんは自分でゲップができないため、背中をポンポンと叩いてゲップを促してあげましょう。すっきりすれば泣き止むことがあります。

◆オムツが汚れているとき
オムツが汚れていると不快感で赤ちゃんが泣いてしまいます。速やかにオムツを替えてあげましょう。

◆眠いのに眠れないとき
部屋が暑すぎたり寒すぎたりしませんか?また夜に明るかったりうるさかったりしないでしょうか。赤ちゃんが寝たいのに眠れない環境にあるとぐずってしまいます。赤ちゃんがぐっすり眠れる環境をととのえてあげましょう。

◆痛かったりかゆかったりしたとき
どこかケガをしたりかぶれたりしてしまっているときに泣くことがあります。いつもと違う泣き方をしていると思ったら様子を見て病院に連れていきましょう。

◆保護者のイライラが伝染しているとき
赤ちゃんが泣き出して保護者がイライラしてしまうと、そのイライラが赤ちゃんに伝わっていっそうひどく泣いてしまうということがあります。育児はストレスをためてしまうものです。無理をせず家族にあやしてもらって、リフレッシュしてから赤ちゃんに接するようにしましょう。

原因がわからないとき

赤ちゃんが泣く原因がわからず、泣く原因を取り除けないことも多いかと思います。その場合にはうまくあやすことが大切です。以下の方法を試してみてください。

◆抱っこしてあげる
赤ちゃんを抱っこしてあげると保護者と体が密着して赤ちゃんが安心し、泣き止むことがあります。手軽な方法のひとつですからまず試してみましょう。

◆心地よい音を聞かせてあげる
赤ちゃんが胎内にいるときに聞いていた音と似た音を聞かせてあげると、赤ちゃんが心地よい気持ちになって泣き止むことがあります。波の音や水の音を聞かせる方法がおすすめです。

またビニール袋をガサガサとこすらせる音で泣き止む赤ちゃんも多いです。外出先でも簡単に使える方法ですので試してみてはいかがでしょうか。

◆体をくすぐったり息を吹きかけたりしてあげる
赤ちゃんの体に働きかけることで泣き止ませる方法もあります。例えば「こちょこちょ」と言いながら赤ちゃんの体や耳をくすぐってあげると、反射的に赤ちゃんの意識が体の方に向かって泣き止むことがあります。また赤ちゃんの顔や耳にふぅっと優しく息を吹きかけても同じ効果を得られます。

余裕があるときにはゆっくりベビーマッサージをしてあげる方法もおすすめです。赤ちゃんの気持ちを落ち着かせられるでしょう。

◆赤ちゃんに何かを見せてあげる
赤ちゃんにサングラスをかけさせたり、鏡で自分の顔を見せたりすると、見える世界ががらりと変わることで外の世界に興味が向き、泣き止むことがあります。小さな赤ちゃんはまだ視力があまりよくなく、近いところのものしか見えないことも多いため、なるべく近づけて見せてあげてください。

◆歌やおもちゃを使う
保護者が歌を歌ったり、おもちゃを見せてあげたりすると興味がそちらに向いて泣き止むことがあります。おもちゃはカラフルなものや音が鳴るものなど、インパクトのあるものがおすすめです。どのおもちゃなら泣き止みやすいか探ってみてもいいでしょう。

赤ちゃんが泣き出しても焦らないで!

赤ちゃんが泣いてしまったときでも、保護者は焦らないことが大切です。焦りやイライラが伝わると、赤ちゃんがいっそう泣いてしまうこともあります。赤ちゃんが泣いてしまったときこそ、赤ちゃんがリラックスできるよう、笑顔で接してあげてくださいね。