日本弁護士連合会日弁連)が10月7日に「死刑廃止」を打ち出す方針であることを受けて、死刑廃止を推進する議員連盟の会長をつとめる亀井静香衆議院議員は10月6日、東京・有楽町の外国特派員協会で記者会見を開き、日弁連の方針について、「死刑廃止に向けた一つの大きな流れをつくると確信している」と高く評価した。

亀井氏は「日本では、残念なことに目を覆うような凶悪犯罪が発生している。国民のなかに報復感情があるのは事実だ」と指摘。一方で、「日本人は相手を許して、ともに幸せになっていこうという感情の強い」「人間同士が死を与えなくても、あの世にいけばエンマ大王がさばく」と持論を展開した。

かつて亀井氏は、警察官僚として捜査を指揮する立場だった。亀井氏によると、容疑者だけでなく、事件の目撃者などが簡単に誘導されて、取調官に同調する供述をすることがあったそうだ。そうした経験を踏まえて、亀井氏は「冤罪はかならず起きる」「罪を犯していない人が、理不尽に無抵抗な状態で命を奪われる。国家による殺人はあってはならない」と訴えた。

さらに、「多数のために、少数者が犠牲になることは絶対にあってはならない。そういう犠牲者をうまない努力をしていかないと、荒んだ社会になっていく」と付け加えた。厳罰をのぞむ遺族感情に理解を示しながらも、別のかたちで罪をつぐなう方法を考えていくべきだと述べた。

(弁護士ドットコムニュース)