ちゃんと寝ることが第一歩

睡眠の質とアンチエイジングには、密接な関わりがあることを知っていますか? 高価な美容液やサプリに手をのばす前に、睡眠の質を見直してみて。睡眠の質を上げることで思わぬ効果を得られるかもしれません。

今回は、睡眠とアンチエイジングの関係、そして、睡眠の質を上げる方法についてご紹介したいと思います。

こんなに嬉しい効果がたくさん

「寝る子は育つ。」ということわざがありますが、これは寝ている間に分泌される成長ホルモンが関係しています。成長ホルモンには、子供の成長を助けるだけでなく、大人にとっても嬉しい効果がたくさんあります。それは、日中に受けたダメージを修復する、代謝を促進する(シワやシミ、くすみなどを防ぐ、太りにくい身体に導く)といったもの。

成長ホルモンの分泌については諸説ありますが、最近では就寝時刻に左右されるものではなく、睡眠の深さが重要なポイントになるという説が有力のようです。そのため、深い眠りを得ることができるよう環境を整えることが大切です。

また、睡眠時間についてですが、長寿という観点からは7時間の睡眠がベストというエビデンスがあります。起床時刻から逆算して、就寝時刻を決めてはいかがでしょうか。

自分の睡眠の質をチェックしよう

まずは、自分の睡眠の質をチェックしてみましょう。

むにゃむにゃ......

□夜中に目が覚めることが多い。
□よく夢を見る。
□寝付くまでに30分以上かかる。
□目覚めがすっきりとしない。
□日中眠気を感じることが多い。
□日中の活動中に倦怠感を感じることが多い。
□イライラするなど精神的に不安定。

以上の項目のうち、当てはまるものが複数ある人は、睡眠の質がよくない可能性が高いでしょう。もっと詳しく自分の睡眠状態を確認したい人は、手に貼る、または枕元に置いて眠るだけで睡眠の深さやその傾向を確認できる便利なアイテムも販売されています。利用してみるといいと思います。

今すぐ実践したい睡眠の質を上げる方法

では、睡眠の質を上げるにはどうすればいいのでしょうか。まず、入眠や安眠を妨げる可能性がある生活習慣を真っ先に見直す必要があります。

スマホ、PCはほどほどに

1 眠る間際のスマホは今すぐやめて

スマホやPC、テレビなどから発せられるブルーライトや情報が刺激となり、興奮状態に陥る、生活のリズムを崩すことにつながります。そのため、就寝する2、3時間前からスマホやPCテレビは控えましょう

2 食事、、飲酒、カフェインは控える

就寝する2、3時間前から眠るための準備を徐々にしておくことが大切です。飲酒や食事はそれまでに済ませておきましょう。また、カフェインとの付き合い方も睡眠の質を左右します。特に女性はカフェインが体内に長く留まるため、夕方以降はカフェインが入った食品を避けるのがベストです。

3 就寝の2〜3時間前に入浴

ゆったりと湯船に浸かることもスムーズな入眠と安眠には効果があります。入浴するのにベストなタイミングは、就寝する2〜3時間前といわれています。体温が下がっていく過程で人は眠気を感じるので、その作用を利用しましょう。

4 香りやストレッチでリラックス

リラックス効果のある音楽や香りを使うのもスムーズな入眠と安眠に効果があります。さらに、就寝前にストレッチをして全身のコリをほぐすと、入眠や安眠に対する効果だけでなく、良い目覚めにもつながりますよ。ぜひお試しください。

就寝前は、ゆったり過ごす、照明を少し暗めにするなどしてリラックスできる環境を整えておきましょう。

よく眠れると疲れを翌日に持ち越すこともなくなります。美容と健康のために、今日から早速睡眠習慣を見直してはいかがでしょうか。

遠藤幸子 遠藤幸子

エイジング美容研究家として雑誌やラジオ、企業のインフォマーシャルなどに出演。ウェブ、雑誌等にコラムを執筆するほか、コスメブランドの広告なども手掛ける。できるだけナチュラルな方法でできるアンチエイジング法を日々模索。豊富な自己体験を元に情報を発信中。公式サイト『アンチエイジング ジャーナル』